リケーブル

スポンサーリンク
リケーブル

KBEAR 16芯銀メッキ銅ケーブル:高音域の煌きにスパイスを!低価格で高級感と音質アップを実現するリケーブル

KBEARの16芯銅ケーブルを買ってみたので、せっかくだからとほぼ同じスペックを持つ銀メッキケーブルも買ってみた。 KBEAR 16芯銀メッキ銅ケーブル それがこのKBEAR 16芯銀メッキ銅ケーブル。こち...
リケーブル

KBEAR 16芯純銅ケーブル:手軽にバランス接続と全域パワーアップを実現!軽量で持ち運びも便利なリケーブル

Shanling M6という強力なDAPを手に入れたので、どうしても体験してみたいことがあった。それがバランス接続。ただそれにはイヤホンのケーブルを変更する必要があるので、新たにリケーブルを入手した。 KBEAR 16芯...
リケーブル

KBEAR S1:ほぼ有線の音質と高い実用性。Apt-X HD対応のBluetooth5.0イヤホンリケーブル

「お気に入りの有線イヤホンを無線化できたら、もっと便利に使えるのになぁ…」と思うときはある。そんな欲望を解決してくれる商品を、中国製イヤホン専門店のEasy earphonesより提供していただいたので、レビューを行う。 KBEAR...
リケーブル

イヤホンのリケーブルで何かが変わるわけないだろ!そう思ってた時期が僕にもありました…

オーディオにお金をかけるのって、楽しいけど怖い。特に「ケーブルチューニング」ほど恐ろしいものは無い。これはもはや宗教の領域である。 そもそもスピーカーやイヤホンを使う限り、ケーブルというものは単に元の電子信号を劣化なく運べればそれで...
リケーブル

NICEHCK C16-4:シックなデザインの低価格16芯銀メッキリケーブル

カスタムイヤホンのリケーブルはなぜかイヤホン本体よりも値が張るものが多かったりするのだが、高級ケーブルのスペックを持つのに安価なモデルが最近は中国からバンバンと発売されている。いったいどんなものなのだろうか、気になるので一つ買ってみた。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました