KBEAR 16芯純銅ケーブル:手軽にバランス接続と全域パワーアップを実現!軽量で持ち運びも便利なリケーブル

5.0
リケーブル

Shanling M6という強力なDAPを手に入れたので、どうしても体験してみたいことがあった。それがバランス接続。ただそれにはイヤホンのケーブルを変更する必要があるので、新たにリケーブルを入手した。

スポンサーリンク

KBEAR 16芯純銅ケーブル

そこで今回選んだのが、KBEARの16芯純銅ケーブル。販売サイトに型番が掲載されていないので正確には不明だが、箱を見る限り【KBX48419bro】というモデルだろうと思われる。

プラグやコネクターを様々選べる中で、4.4mmのQDCコネクターを選択した。

KBEAR KBX48419broのスペック

ブランドKBEAR
モデル16芯純銅ケーブル
KBX48419bro
芯数16
線材単結晶銅ケーブル
ケーブル長1.2m
プラグタイプ直型
2.5mmバランス
3.5mmアンバランス
4.4mmバランス
コネクターMMCX
2PIN
QDC
重量実測22g(QDC-4.4mm)

なぜか軽量な金具が結構いい感じ

KBEAR KBX48419broは16芯ケーブルなだけあって見た目はゴツく、16芯の部分で太さは約4mmほどある。ただ一つ一つの線材は細く柔らかい上、とても丁寧に編み込まれているので柔らかくしなやかに曲がる。タッチノイズもなく扱いやすい。

銅の色はとてもきれいで、各部のパーツは黒で締まっているので、非常にシックでかっこいい。派手なケーブルが多い中華リケーブルの中でかなり好みの色合い。

QDCコネクターは樹脂製だが、三又やプラグは金属製となっている。その割に手持ちの16芯ケーブル(NICEHCK C16-4やKBEAR KBX487812S+G)と違い、三又とプラグ部分が妙に軽い。同じ16芯4.4mmケーブルであるKBEAR KBX487812S+Gと比べてみたら、全体重量で6gも軽かった。形状は同じに見えるのだが、素材が違うようだ。

この6gは大したことが無いように思うかもしれないが、実際に使っていると結構大きな差を感じる。三又が重たいと、頭を下げさせられるような重みがじわじわと効いてくるのだが、それが比較的改善される。普段使いにかなり有用なケーブルだと思う(軽いケーブルが欲しい人は8芯などを選ぶべきだとは思うが…)。

唯一気になったのは、QDCコネクターがやたらときついこと。この辺は個体差や相性もあると思うので何とも言えないが、あるイヤホンではキツ過ぎたがゆえにイヤホン側のコネクターが割れてしまった。気になる人は2PINを選んだ方がいいかもしれない。

標準ケーブルからの変更で全域パワーアップが可能

KBEAR KBX48419broは純銅ケーブルを16芯全てにたっぷり使ったケーブルなだけあって、基本的に全音域をパワーアップさせるケーブルだと感じた。特に低中音域の厚みがぐっと増すので、TRN V90sのように標準ケーブルだとわずかに線が細く、低音域に少し不満を感じるイヤホンにはかなり効果が高い。音がよりくっきりはっきりとなり、わずかに感じていた曇りや元気のなさといった部分が払拭された。銀メッキケーブルに比べると確かに高音域の伸びに関しては劣る物の、中音域の厚みはこちらの方が上なので、全体的なパワーアップに向いているケーブルだろう。

AliExpressを使えば$20程度で販売しているショップも存在するので、気軽にリケーブルを楽しむのにちょうどいいケーブルだと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました